今すぐお金を借りたい方へ【WEBでお金を借りるには】

すぐにお金を借りる「ポイント」!

今すぐお金を借りたい方は、お申込み時間が重要になります。 本日中の審査が間に合わないとしても、次の日の審査を早く進めるには前日にお申込みをしておくとよいでしょう。

誰にも会わずにお金を借りたい

大手カードローンのインターネット申込なら来店不要で24時間365日申込OK提携コンビニATMで時間や曜日に縛られずにお金を引き出せるので 誰にも会わずにお金を借りたい方に最適です。

カードローンお申込みの流れ&特徴

提携コンビニATMから24時間365日気軽にお金を引き出せる
フリーローンである⇒用途が自由で使い勝手が良い!
審査もスムーズで即日融資が可能

お金を借りる【2大条件】

スピード重視 低金利重視
すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!! 低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 審査 総量規制
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

厳しめ
対象外
年収の3分の1以上OK
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

柔軟性あり
対 象
原則年収の3分の1まで

※会社によって詳細は異なります。


【会社一覧】

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★★☆☆
りそな銀行 3.5% 〜 12.475%(変動金利) 最大
800万円
★★☆☆☆
× オリックス銀行カードローン銀行 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆


【目的@】低金利でお金を借りる

低金利でお金を借りたい
安心感のある銀行からお金を借りたい
必要な時に何度でもお金を借りたい

>【銀行からお金を借りる】詳細


【目的A】即日融資でお金を借りる

急いでお金を借りたい
融資スピードの速い業者に申し込みしたい
必要な時に何度でもお金を借りたい

>>【すぐにお金を借りる】詳細


【目的B】休日・祭日にお金を借りる

土曜日・日曜日でもお金借りることができる
祝日にお金を借りることができる
必要な時に何度でもお金を借りたい

>>【休日にお金を借りる】詳細


お金を借りる手順

お申し込みの流れ

1.申し込み

各キャッシング会社の契約を確認し、ホームページ上で必要事項を入力して申し込みます。

2.審査

申し込後に審査が行われます。
審査の結果は、Eメール、電話などで連絡があります。
※電話確認:勤務先への在籍確認。
例)「田中といいますが、〇〇さんいらっしゃいますか?」というように個人名でお電話するので職場でバレてしまうことはまずありません。 電話する時間帯を指定できる会社もありますので、ご自身が電話に出ることもできます。 「ただ今外出中です」「ただ今席を外しております」などの返答でも、在籍確認可能です。

3.融資

即日融資が可能の場合、指定銀行に振込みが行われます。

4.契約書類の記入

契約書類が郵送されますので必要事項に記入を行い 運転免許証または健康保険証のコピーが必要になります。 借りたい金額によって書類が異なる場合がありますので、詳細は該当する公式ホームページからご確認ください。

B審査の結果を聞く
審査の結果は、メールやお電話で連絡があります。
※お電話の場合は、「アコム」などの社名で掛ってくることはなく、 個人名でかかってくるので、他の方が電話に出ても、全然分からないようになってます。

C融資(振り込み)
後から、ローン昨日の付いているカードが送付されます。 無人契約機をご利用になって、審査を行った場合は、 その場でカードの発行ができます。また、隣にあるATMからすぐにお金の引き出しが可能です。

※契約の流れは各会社にいよって若干異なりますので、詳細は各会社の公式ホームページでご確認ください。

【キャッシングQ&A】@消費者金融のカードローンとは

そもそもカードローンとは本人の確認と個人の信用情報に応じて無担保でお金を借りることができ、分割で返済することが可能な融資のことです。 消費者金融のカードローンは銀行の目的ローンと違って使用用途を明確にする必要がなく決まった限度額内で何度でも借入をすることができ、また申込時の審査も目的ローンを組む場合と比べ断然早く借入することが出来ます。

最近では銀行でもこのカードローンを取り扱うところが増えてきましたが消費者金融のカードローンと銀行のカードローンでは何が違うのでしょうか。

1.適用される法律

消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法によって規制がされています。 2010年に改正貸金業法が施行されたことにより消費者金融からは年収の3分の1までしか借入ができないようになりました。 例えば年収300万円の方が借入をする場合、限度額は100万円となります。 これはいわゆる総量規制というもので消費者が多重債務に陥るのを防ぐための規制です。

それに対して銀行はこの制限を受けませんので審査に通れば年収以上の借入をすることも可能です。

2.利便性

審査の早さや手続き方法では消費者金融の方が優れていると思います。 早ければ30分で審査結果が出て当日中に入金してもらうことも可能です。 ATMや窓口、コンビニでの利用も可能なので借入・返済ともに手間に感じることも少ないのではないでしょうか。

3.金利や提供されるサービス

今までは消費者金融というと金利が高いというイメージがありましたが現在では銀行のカードローンと変わらないくらいの金利で借入をすることが出来ます。 銀行の金利が年4.6%〜14.6%と設定されているのに対して年4.5%〜18.0%ですので大きくかけ離れているということはないかと思います。

またプロミスでは初めて利用される方を対象に無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)を展開していますので借りて数日中に返済ができる場合等はお勧めのローンです。

以上のように銀行のカードローンと消費者金融のカードローンは提供される内容に大きな差はありません。 ですので一番重視するものを基準にして選ぶのが良いかと思います。 少しでも低金利でという方や安心感を得たうえで借入をしたいという方は銀行のカードローンを。 今すぐにお金が必要だという方は消費者金融のカードローンを。 どちらを利用するにしても借入は、やはり【借金】ですので無駄な借入はしないように気を付けましょう。 無理のない範囲で上手に使えると良いですね。

【キャッシングQ&A】A人に会わないでお金を借りる方法

キャッシングしようと思ったとき極力、人に会いたくないと思うのは当然の心理ですよね。 最近では、借りられる場所も銀行や信販会社、消費者金融と増えてきてサービスも多様化してきています。

金利や借入極度額、入金までの早さ等ももちろんですが審査・借り入れ手続きについても様々な方法が用意されています。 ここでは人に会わないでお金を借りる方法について紹介したいと思います。

まず大変便利な方法はやはりインターネットを使った申込手続きです。 インターネットでの手続きは、ほとんどの会社で取り入れており、それがメインの会社もあります。 インターネットを使えば来店する必要もなく24時間365日、自分の都合に合わせて手続きができますし スマートフォンを利用すれば電車やバスの待ち時間に借入や返済手続きを行うことも可能です。
自宅や出先で利用できるということは人の目を気にする必要もありませんし急にお金が必要になったときもすぐ対応することができます。 ですので、パソコンやスマートフォンの利用に抵抗がない方は、とても便利に使っていただくことができますね。

例えばモビットのカードローンでしたら申込後、電話連絡や郵送物も一切なく借入ができるものもありますので そちらを利用すれば即日借入をすることも可能ですよ。
(こちらの利用には下記の条件に該当する必要があります。)
※三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行に普通預金口座があり その口座をモビットからの振り込み貸付と口座振替による返済に利用することを承諾出来る方。
※全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証をお持ちの方。

次に無人契約機を使用しての申込について考えてみたいと思います。
無人契約機とは、大手キャッシング会社で置いている無人で借入をする事が出来る機械です。 中には、カメラを通じてオペレーターが監視をしていて操作方法やわからない点を質問できるところもあります。 キャッシングの利用が初めてという方や今すぐ借りたいという方にお勧めの申込方法です。

書類を確認し、簡単な審査を行い、審査に通過する事が出来ればキャッシング用のカードが発行されます。 場合によりますが、特に問題が無ければ30分程で借り入れを行う事が出来るでしょう。

人に会わずにお金を借りるということはネットが普及した今、決して難しいことではありません。 悩んでいる方は銀行や消費者金融のホームページをチェックしてみてください。 金利や返済方法についても詳細が記載されているので安心して借入手続きを進めていただくことができるでしょう。