東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

詳細・お申し込み

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 最短
即日融資

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による申し込み ※2

自動契約機による契約申し込みなど ※2

※2 今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。


詳細・お申し込み


お金を借りる【2大条件】

スピード重視 低金利重視
すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!! 低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

【会社一覧】

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★★☆☆
りそな銀行 3.5% 〜 12.475%(変動金利) 最大
800万円
★★☆☆☆
× オリックス銀行カードローン銀行 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆


金融豆知識

アイフルでお金を借りる方法とは?
アイフルでお金を借りる方法はいくつかありますが、一番便利なのはインターネットから申し込む方法で、24時間365日利用できます。 携帯サイトも用意されていますので、パソコンをお持ちでない方も安心です。
入力の手続きが面倒という方は、電話や直接窓口に行くなどの方法もありますが、こちらは利用時間が限られている場合がありますのでご注意下さい。 申し込みをすると、「この人にお金を貸しても大丈夫か?」という審査が行われます。
過去に延滞などの問題を起こしている方は、融資を受けられない場合もあります。 銀行などで借りようとすると、審査に数日かかる事も多いのですが、アイフルでは問題がなければ、最短30分でカードが発行され、即日融資を受けられます。
スピーディーに資金調達が出来るので、人気が高い会社ですね。 返済は店舗のATMや提携ATMから出来ますが、これらの場所を利用する事に抵抗がある方は、お近くのコンビニから返済する事が可能です。
これなら買い物のついでにさっと返済する事が出来ますし、時間帯を選べば人目を気にすることなく返済が出来ます。 キャッシングは、使い方次第では銀行よりも便利ですが、あくまでも借金です。 返済計画をしっかり立て、なるべく早く完済できるようにしたいものです。
借りっぱなしでは利子がどんどんつきますし、前の借金を返済しないまま、新たに借りると大変な事になりますので、気をつけましょう。 今はアルバイト、パートの方でも借りることが出来ますが、自分の収入を考えて利用する事が大切です。

歴代のCMも印象的なアイフルの歴史
真っ赤な背景に真っ白なアイフルの文字の看板は、シンプルながら目にとまりやすいものです。
日本の消費者金融として、1978年2月1日に設立しました。
多くの金融業者が東京を拠点としているのですが、アイフルは京都府に本社を構えています。
また、事業者による金融事業、不動産担保金融も取り扱ってい会社です。
1968年4月に、創業者であり現在も代表取締役社長である福田吉孝氏により、個人経営でスタートしました。
アイフル株式会社への商号変更は、資本金額が5億円となった1982年5月のことです。
社名は英単語の頭文字から取っており、Aは愛情、Iは努力、Fは信頼といったように、全ての文字にそれぞれ意味合いが含まれています。
CMでも、様々なアイデアで話題を集めてきました。
1980年代に放送されたCMでは、ハート型の飾り物をポケットから取り出し、心をつかむようなキャッチコピーで放送されました。 愛のあるマネーポケットという意味が込められています。
1990年代に入ると、人気タレントを起用したりと話題をよびました。
自動契約機である「お自動さん」の認知度もアップしてきました。
チワワを起用したCMは、その愛くるしさも絡んで会社のイメージアップにもつながっています。
実際チワワのCMの影響も大きく、収入は向上しました。
しかしながら、人気の出ていた犬起用のCMは、2002年で終了しています。
このように金融というイメージを、明るく身近な存在へと変えてくれたのがアイフルだといえます。

ネガティブリストの詳細とその必要性
ネガティブリストとは、金融業界において、債務者で不払い事故客が登録されているリストのことを言います。 クレジットカードやローンなどで、個人の情報においてマイナスに評価される情報のことです。 よく、ブラックリストという言葉が聞かれますが、実際にはブラックリストというものは存在しません。 しかし意味合い的には、ブラックリストとネガティブリストは同じことを示します。 ネガティブリストに載る場合はまず、 ローン返済の延滞が続いた人たちが挙げられます。 クレジットカードでの支払いや公共料金などの支払いが、返済日よりも大幅に遅れることが何度も繰り返した場合、 このリストにマイナス情報として載せられます。 その次に、借金を自身で返済できなくなり、保証会社や保証人などが代位返済した場合です。 この場合、個人が返済能力がないとみなされ、リストに載ってしまうのです。 それから、自己破産などの債務処理を、 弁護士や司法書士などを通して行った場合です。 これら3点が大きくマイナス情報として、リストに挙げられる条件になります。 そしてこれらのリストに名前を挙げられた人が、ブラック客と呼ばれるのです。 金融機関では、これらのリストを共有することにより、 マイナス情報の多いブラック客に融資をしないようにしています。 一度リストに載ってしまうと、例えばクレジットカードでの買い物はできなくなり、 またカードを作ったりローンを組んだりすることもできなくなります。 これは自己破産の場合、だいたい破産決定または免責決定の日から10年くらい、 融資を受けることができません。 お金を借りるということは自己の責任能力が問われます。 金融機関も、できるだけきちんとしたお客様に融資をしたいので、 このようなリストを作って、トラブルなどの防止をしているのです。

PAGE TOP