ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

実質年率 2.5%〜18.0% 限度額 1000
万円
保証人 不要 口座開設 不要

ジャパンネット銀行お申込み・ご契約方法

ネットバンクにログイン後、契約申込み ※1

※1 普通預金口座をお持ちの方


ネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申込み ※2

※2 普通預金口座をお持ちでない方

お金を借りる【2大条件】

スピード重視 低金利重視
すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!! 低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

【会社一覧】

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
× オリックス銀行カードローン銀行 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆


金融豆知識

インターネットで便利でお得なジャパンネット銀行の歴史を紐解く
ジャパンネット銀行は、平成12年9月19日に事業がスタートしました。
現在インターネット専業の金融機関はいくつも誕生し、既存の金融機関でもほとんどのところでインターネットバンキングを導入しています。
そんな中、ジャパンネット銀行は日本で初めてインターネット専業銀行として誕生したのです。
出資母体となったのは、当時のさくら銀行および住友銀行、日本生命といった金融機関のほか、富士通や東京電力、三井物産にNTT東日本、NTTドコモと日本を代表する企業陣が集結し、日本の金融史上初となる店舗を持たない銀行が産声をあげました。
実は、日本初のネット専業銀行の構想は、平成11年7月にさくら銀行と富士通の共同発表によって行われ、金融市場にセンセーショナルな風を巻き起こしていたのです。
そして、平成12年9月に銀行の営業の免許を取得し、平成12年10月から本格的な営業をスタートさせています。
この時点で営業していた銀行は、そのすべてが戦前に銀行業を始めており、実は戦後、銀行免許を取得した初の銀行としても話題を集めました。
なお、一般の銀行は各地に営業支店を置き、窓口担当の職員や地域を回る営業職員などを配置しています。
店舗の家賃や光熱費、運営費をはじめ、膨大な人件費がかかります。
しかし、インターネット専業銀行の場合は本店のみで、営業店舗は有しません。
そのため店舗運営コストをはじめ、大幅な人件費を削減することができます。
コストカットできる分、利益を顧客に還元することができ、有利な預金金利やお得な貸付金利、利用しやすい手数料などが実現できるのです。

カード不要のネットキャッシング
パソコンとインターネットができる環境でさえあれば、今の時代は何でも出来る時代になっております。 ネットバンキングのように、お金の振り込みや残高照会などのサービスを、いつでもどこでも出来て便利です。 キャッシングもその一つになりまして、ネットキャッシングというサービスがあるのです。 一般的なキャッシングの方法というのは、 申し込みをしてから審査があり、無事通過すればカードが発行されるという流れでしょう。 しかし、そのカードがなくてもインターネットから簡単にお金を借り入れたり返済したり出来る仕組みもあります。 例えば普段お仕事などで忙しく、なかなかATMに行くような時間がないという方でも、パスワードを入力して専用サイトから取り引きが出来るのです。 もちろん高いセキュリティー設定をすれば、安心して利用出来るので問題ないと思います。 ネットキャッシングは、そのように忙しい方でも、 自分の限られた時間の中で活用出来る便利な仕組みなのです。 ついお金を財布に入れるのを忘れてしまった、 付き合いですぐに必要という場合にも対応出来ますね。 また、お財布にカードを入れて持ち歩くのが心配な場合でも、この仕組みなら安心です。 スマートフォンからも対応可能なキャッシング会社があります。 インターネットからいつでもどこでも借り入れが可能なので、 計画的に利用すれば、賢いお金の使い方が出来ます。 ネットキャッシングはまずはカードと同じように申し込みが必要です。

PAGE TOP