新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。

お電話による契約申し込み
自動契約機による契約申し込み
郵送による契約申込み


お金を借りる【2大条件】

スピード重視 低金利重視
すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!! 低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

【会社一覧】

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
× オリックス銀行カードローン銀行 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆


金融豆知識

お金借りたい事典:自己破産の相談は専門の弁護士へ
自己破産とは、抱えている負債に対し返済が不可能と判断された時に行使出来るもので、裁判所が判断をしてくれるものです。
例えば、倒産した会社の役員で、銀行から借りられているお金の保証人になっており、これからの収入もなくなり財産を処分しても払い切れないような場合とか、消費者金融からお金を借り続け、気がついた時は支払いが不能までの金額になっていたと言う理由などで、裁判所から支払い不能と言うことを認めてもらった時に自己破産が成り立ちます。
この方法を選ぶ日とは、負債額が大きすぎて、支払いが出来ないと言う人に多い方法ではないでしょうか。
この破産の方法には、同時廃止と少額管財の二つの方法が考えられますが、状況によって変わって来きます。
同時廃止の場合は、20万円以上の高額財産がない時で、免責も破産管財人が調べる必要がなく、破産手続きを開始することが決まったと同時に破産手続きが終わり、免責の手続きだけを行うものです。
これに対し、財産が20万円以上あることなどから、管財人の調査も入り時間がかかる手続きにもなるのでした。
この場合、土地や住宅、自家用車、保険なども対象になります。
これらのものを全て処分する必要に迫られますので、時間もかかることにもなるのでしょう。
このような手続きを素人の方がするのは、基本的に無理ですよね。
そんな時、専門の弁護士などに仕事を依頼するようにしましょう。
自己破産が認められることで、精神的にもゆとりが出来、改めて前向きに生きがいを見つけることも出来るのでしょう。

PAGE TOP