免許証でキャッシングするには

必要になったときに免許証でお金借りる

お金が急に必要になって借りなければならなくなったときには、実際にどうすれば良いのか分からないという人もいると思いますが、消費者金融や銀行などで小口の融資を受けるときには、比較的簡単にお金借りることができます。
免許証だけで借りる事ができる場合もありますから、手続きは非常に簡単だと言えるでしょう。 キャッシングでは、金額が小さければ身分を証明する書類だけで良い場合が多く、その日のうちに借りる事ができるサービスもありますから、急にお金が必要になったときにも対応してくれる場合が多いです。
ただ、金額が大きくなった場合には他の書類も必要となります。 いくらぐらいから他の書類が必要になるのかというのは金融機関によって異なっているのですが、法律では50万円以上と定められています。
50万円以上のお金借りることが必要となった場合には、収入が証明できる書類を提出しなければなりません。 源泉徴収票の写しや納税証明書、給与明細などの書類が必要となってきますから、事前に確認しておくべきでしょう。
免許を持っていない人の場合には、免許証以外でも本人確認が取れれば良い場合が多いです。 具体的にはパスポートや健康保健所などが本人確認書類として認められていることが多いです。
本人確認に使うことのできる書類は金融機関によって異なっていて、例えば外国人の場合には外国人登録証があれば借りる事ができる場合もあります。 事前に確認して書類を用意しておきましょう。

PAGE TOP