担保で借入するには

意外な担保でお金を借りる方法

一般にお金を何の保証も無く貸してくれる所は無いというのは、現実には在り得ません。 それがなんらかの団体や企業であれば尚更のことです。
それでも予期することが不可能な事項が発生した場合に、預金している普通預金や定期預金を取り崩しても間に合わない様なお金を、貸し手側が担保無しで大きな金額を貸与するというのは大変なリスクを生じます。
つまりその大きなお金がまるまる返還されないというケースを案じ、結果として企業等に大きな損失をもたらす可能性が非常に高いと見積もられるからです。 ですからそれでも大きな纏まったお金を用意する必要があれば、土地や住居等の不動産あるいは年金等を担保にしてお金を借りる事になります。
それではまず、土地や住居等の不動産を抵当にお金を借りるケースを考えてみます。 なにはともあれ、お金を借りるわけですから社会的な信用のおける機関から借りたいと考えるのが一般的で、その代表格に挙げられるのが銀行です。
一般に普及しているキャッシングは審査はあれど、借りる側の社会的・経済的な信用をもとにお金を貸してくれるわけですが、それに対して銀行の不動産担保型ローンというのは借り手の社会的・経済的な信用に加えて不動産の価値をトータルに吟味して判断を下します。
そして評価額を算出して鑑定に出して、その抵当に対して幾ら迄なら貸し出せるという事が決まり、その限度額以内でお金を借り受ける事が出来るという訳です。 次に年金を抵当にしての借り入れについてご説明致します。
今日日の政府の政策により結果として年金の受給額が減額されており、年金だけで日常生活を営むというのは厳しいという方がおられます。 その様な方の為に、年金を抵当にお金を貸し出してくれる福祉系の独立行政法人と、一般の金融機関の補完的役割を果たしながら、私たちの生活向上に寄与する事を目的とする機関の2つのみです。
そして、この制度を利用出来るのは、国民年金や厚生年金等の加入者に限られます。

PAGE TOP