アルバイトの方がキャッシングするには

収入があればアルバイトでもキャッシングができる!

アルバイトやパートなどいわゆる非正規雇用と言われる人は、キャッシングを利用してお金を借りる事ができないと思っている人も多いようですが、実際はそのような事はありません。
バイトの人であってもお金を借りる事ができます。
キャッシングの利用条件は「20歳以上で安定的な収入がある人」と決められています。
この「安定的な収入」という言葉から、正社員として働いている人でないとお金を借りる事ができないと勝手に思ってしまいがちですが、アルバイトでも安定して収入を得ている人であれば問題なく借りるこ事ができるのです。
ただし、いくつか注意するべき点がある事も事実です。
まず、できるだけ一か所の職場で長く働いている人のほうが審査に通りやすくなる傾向にあります。
というのも、バイト先を転々と変えてしまうと、上記の「安定的な収入がある」という条件から外れてしまうからです。
逆に一か所で長く働いていれば、貸す方も安心して貸し出す事ができます。
そういった意味では、日雇いのバイトは審査に非常に不利になります。
長期的な雇用契約がない日雇い業務の場合には収入が不安定で、金融機関の側からすると「返済能力に乏しい」という判断をされてしまう事が多いからです。
もう一つ、一般的にアルバイトの人の収入は正社員の人と比べると低いため、利用限度額が低く抑えられてしまう傾向にあります。
正社員であれば30万円借りられるところが、非正規社員だと10万円までしか借りられないというのはよくある事です。
まとまったお金が必要だという場合には注意が必要になります。

PAGE TOP