今すぐ10万円借りたい

今日中に10万円借りたい

今すぐに10万円だけ借りたいときは、最短で10万円借りる方法を事前にチェックしましょう!

>>とにかく10万円借りたいランキング


今日中に10万円借りる方法

10万円借りる方法は複数ありますが、代表的な方法は下記になります。
クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りる
銀行・消費者金融のカードローンでお金を借りる
国などの公共機関からお金を借りる

※銀行で借入目的が決まっている大口ローン(住宅ローン等)は審査が煩雑で時間が掛かるので除外しています。


 クレジットカードのキャッシング機能を利用して20万円借りる方法

クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用して、設定されている範囲内でお金を借りる方法です。
この機能を利用するには既にクレジットカードのキャッシング枠の設定が終了していることが前提※となります。
※クレジットカードを作成した際に、キャッシングできる上限額が設定済みの方。 後からこの機能を追加する場合には、審査等で申し込み時から利用するまでの時間が掛かります。

A 銀行・消費者金融のカードローンで10万円借りる方法

カードローンを利用してお金を借りる方法です。

カードローンは大きく分けると、銀行と消費者金融の2つカードローンがあります。 これら2つにはそれぞれ、メリット・デメリットがあります。
銀行カードローン<メリット>
銀行ということで、なんとなく安心感がある。

銀行カードローン<デメリット>
近年、銀行カードローンの審査が厳しくなっている。
⇒2017年までの申込み数が激増した為

消費者金融カードローン<メリット>
即日融資・即日振込みに対応している業者が多い。

消費者金融カードローン<デメリット>
初めての借入で消費者金融はなんとなくイメージが良くない。
銀行グループが運営する消費者金融は、大手で貸出実績も豊富なので安心感がグッとUPします。
例)SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、三菱UFJファイナンシャルグループのアコムなど

申込みするとき、上記を考慮して選択されると良いでしょう。

クレジットカードとカードローンどっちがいいの?
キャッシング枠の設定が既にしてあり、キャッシングの上限も残っているのであれば、クレジットカードでキャッシングをするのが良いでしょう。 しかし、そうでない場合はカードローンが最短で借入できる近道になります。

B 国などの公共機関からお金を借りる方法

国などの公共機関からお金を借りる方法は、手続きから支給までに時間が掛かるので、急いでどうしてもお金を借りたい場合には不向きです。

10万円借りる「審査に必要な書類」

借入額が50万円以上になると「収入証明書」が必要になる業者がほとんどです。 10万円の借入なら、免許証などの身分証明証だけでOKの場合がほとんどですので、とても便利ですね!

>> とにかく10万円借りたいランキング



銀行から10万円を借りる方法はカードローンで

もちろん誰にでもとはいきませんが、普通に働いて収入を得ている方であれば10万円くらいなら銀行から融資を受けるのは難しくはありません。 金融機関の安心感もあり低金利ですので、余計な負担なく借り入れをすることができるでしょう。 さて、様々な融資商品がありますが、10万借りたいという場合は銀行カードローンに申し込みをしてみてください。 カードローンとは、無担保貸付で使途限定がない小口融資です。 無担保ということで不動産などの担保を用意する必要がなく、また保証人も不要となっているので誰にも迷惑をかけることなく自身の信用のみで融資を受けることができます。 原則として身分証明書があれば契約可能ですが、融資額によっては収入証明書を提出して下さいと求められます。 ただ、10万円程度の借り入れのために契約するなら収入証明書はいらないと思っていても問題ありません。 実際の借り入れ申し込みは、インターネットで気軽に行うことができます。 申し込みフォームに必要項目を記入して送信、審査の結果を待ち、審査OKとなれば契約ができます。 いま直ぐに10万円が必要という場合は、ネット会員ページから申請して口座に振り込んでもらいましょう。 また、既に借入れ申し込みをした銀行の口座とキャッシュカードを保有している場合は、その持っているカードにカードローン機能を付けてもらうこともできるので、キャッシュカードでATMから現金を引き出して借りることも可能です。



PAGE TOP