どうしても50万借りたい

どうしても50万借りたい

どうしても50万借りたいときは、最短で50万円借りる方法を事前にチェックしましょう!

>> どうしても50万借りたいランキング


今日中に50万円借りる方法

50万円借りる方法は複数ありますが、代表的な方法は下記になります。
クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りる
銀行・消費者金融のカードローンでお金を借りる
国などの公共機関からお金を借りる

※銀行で借入目的が決まっている大口ローン(住宅ローン等)は審査が煩雑で時間が掛かるので除外しています。


 クレジットカードのキャッシング機能を利用して50万円借りる方法

クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用して、設定されている範囲内でお金を借りる方法です。

この機能を利用するには既にクレジットカードのキャッシング枠の設定が終了していることが前提※となります。
※クレジットカードを作成した際に、キャッシングできる上限額が設定済みの方。 後からこの機能を追加する場合には、審査等で申し込み時から利用するまでの時間が掛かります。

A 銀行・消費者金融のカードローンで50万円借りる方法

カードローンを利用してお金を借りる方法です。

カードローンは大きく分けると、銀行と消費者金融の2つカードローンがあります。 これら2つにはそれぞれ、メリット・デメリットがあります。
銀行カードローン<メリット>
銀行ということで、なんとなく安心感がある。

銀行カードローン<デメリット>
近年、銀行カードローンの審査が厳しくなっている。
⇒2017年までの申込み数が激増した為

消費者金融カードローン<メリット>
即日融資・即日振込みに対応している業者が多い。

消費者金融カードローン<デメリット>
初めての借入で消費者金融はなんとなくイメージが良くない。
銀行グループが運営する消費者金融は、大手で貸出実績も豊富なので安心感がグッとUPします。
例)SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、三菱UFJファイナンシャルグループのアコムなど

申込みするとき、上記を考慮して選択されると良いでしょう。

クレジットカードとカードローンどっちがいいの?
キャッシング枠の設定が既にしてあり、キャッシングの上限も残っているのであれば、クレジットカードでキャッシングをするのが良いでしょう。 しかし、そうでない場合はカードローンが最短で借入できる近道になります。

B 国などの公共機関からお金を借りる方法

国などの公共機関からお金を借りる方法は、手続きから支給までに時間が掛かるので、急いでどうしてもお金を借りたい場合には不向きです。

50万円借りる「審査に必要な書類」

借入額が50万円以上になると「収入証明書」が必要になる業者がほとんどです。 50万円の借入なら、免許証などの身分証明証だけでOKの場合がほとんどですので、とても便利ですね!

>> どうしても50万借りたいランキング



銀行で50万円を借りる借り方を知っておきましょう

50万円などのまとまった金額が必要になった時は、両親や兄弟姉妹などから借りるのは難しくなってきます。 身近な人には、頼るのは難しいため金融機関を利用して、融資を受けることがほとんどです。 大手銀行は、申し込みから審査がスムーズに行くと、迅速な応対で融資が受けられることが多くなっています。 50万円以下の融資であれば、収入証明書などの提出が必要なく、本人確認だけで融資を受けることができます。 カードローンは、目的別ローンとは違って使用用途が自由になっているため、クレジットカードの支払い日が迫っていても安心です。 店頭でも申し込めますが、インターネットを利用すると誰とも顔を合わせずに手続きが出来ます。 融資を受けたい場合は、年収が200万円以上あったほうが審査に受かりやすくなっています。 審査に受かると、大手銀行は多くのコンビニATMでも利用できるので、時間外や土日でも融資が受けられますし、消費者金融に比べれば多少なりとも低金利で利用できるので、毎月の負担を減らせることができます。 これらの融資を受けたら、元金にプラスして金利を支払う必要があるため、元金が多いほど毎月の負担額が大きくなってしまいます。 50万円ぐらいの債務を持たれている一般家庭は増えており、返済計画も立てやすい金額なので、共働きの家庭であれば返済に困ることは少なくなっています。 お金が必要な時は、カードローンを利用すると、近くに頼る人がいなくても安心です。



PAGE TOP